ラクトフェリンは新生児を病原菌から守ってくれます

ラクトフェリンは他機能性タンパク質と呼ばれている成分で、哺乳動物の乳や人間の母乳に含まれている成分です。もともとは1939年にデンマークの医師によって発見され、この成分は生まれたばかりの赤ちゃんを様々な病気や感染症から守ってくれることを発見しました。ラクトは乳という意味が、フェリンは鉄結合のタンパク質という意味があります。整腸効果やピロリ菌を除菌してくれる効果、内臓脂肪を減らしてくれる効果、歯周病を抑制してくれる効果、便秘を解消してくれる効果、アレルギーを緩和してくれる作用などがあります。赤ちゃんだけでなく大人も健康や美容のためにサプリメントでこの成分を積極的に摂取したいものです。ただ、この成分は牛乳由来のタンパク質で作られているため、牛乳アレルギーのある方は服用しないようにしましょう。

赤ちゃんと大人で効果に違いがあるの?

赤ちゃんと大人で効果に違いがあるの?母乳に含まれるラクトフェリンを飲んだ赤ちゃんは、健やかに成長し続けていきます。また免疫力も高まり、抗菌、抗ウィルス効果もあるため病気に負けない体をつくります。また不思議なことに赤ちゃんはこの成分の効果をすぐに得ることが出来るのに対し、大人は効果が出るまでには時間がかかる傾向があります。何故、赤ちゃんはすぐに効果を発揮出来るのでしょうか?そこには、赤ちゃんの身体の仕組みに理由があります。生まれたばかりの赤ちゃんの胃は未発達状態であるため、乳を飲んでも胃の中にすべて収まりきらず、吐き出してしまうことも少なくありません。この成分は熱や胃酸に弱いのですが、未発達な新生児の胃は胃酸がほとんど出ていないため、胃や小腸に届きやすくなっているのです。赤ちゃんの小腸でしっかり吸収されるため、赤ちゃんは母乳から成分の効能の恩恵を十分に受けることが出来るのです。

大人は腸溶コーティング加工されたサプリメントを活用しましょう

ラクトフェリンの成分効果の恩恵を十分に受けることが出来るのは、やはりお母さんの母乳を飲む、赤ちゃんの特権だともいえます。だからといって、大人には効果がないとがっかりする必要はありません。現在は製造にこだわりのある優秀なサプリメントがありますので、こうした製品を活用されるとよいでしょう。成人した大人の胃は健全な働きで、口の中に入ってきたものに胃酸を出してきちんと消化しようとします。この胃酸によってタンパク質成分が分解されてしまうため、有効成分を腸まで直接届けることが出来ません。しかし腸溶コーティング加工されたサプリメントなら、胃酸で分解されずに腸に届けることが出来るので、コーティング加工されているかどうかを確かめてから購入するようにしましょう。

効果的なこだわりのあるサプリメントの服用方法は

効果的なこだわりのあるサプリメントの服用方法はこの成分を取り入れるのであれば、出来るだけ効果的に腸に届けたいものです。効果が継続する時間は24時間だといわれていますので、一日300mg就寝前に服用されるとよいでしょう。服用すればすぐ効果が出るというわけではありませんので、長期間服用し続けるとよいでしょう。出来れば空腹時を避けて服用しましょう。空腹時を避けるには理由があります。それはこの成分は熱や胃酸に弱いということです。こだわりの製法で腸溶コーティング加工されたものでも、やはり念のため胃酸からのダメージは極力避けたいので、空腹時は避けるとベストです。服用する時は、一日の摂取量をしっかりと守って服用しましょう。また腸内のビフィズス菌を増やしてくれる効果もありますので、毎日の習慣としてヨーグルトなどの乳製品も摂取し続けると、腸内の免細胞を増やしていくことが出来ます。

ラクトフェリンを活用して健康な身体を手に入れましょう

ラクトフェリン製品には様々なものがあります。有効成分を出来るだけ多く腸に届けるためには、腸溶コーティング加工されたサプリメントを活用されるとよいでしょう。腸に直接有効成分を届けることが出来るため、こだわりの製品加工されたサプリメントを選びましょう。抗菌、抗ウィルス効果がありますので、病気にかかりにくくなります。また腸内の善玉菌を増やすことができ、腸内免疫細胞を活性化させていくことが出来ますので、健康な身体を手に入れることが出来るでしょう。効果的な摂取方法は一日の摂取量をしっかりと守り、空腹時を避けて一日三回に分けて服用していきましょう。併せてヨーグルトなどの乳製品を取り続けていくことで、腸内の免疫を上げることが出来ます。腸が元気になることで、元気に暮らしていくことが出来るでしょう。