ラクトフェリンの役割

ラクトフェリンの役割

ラクトフェリンには整腸作用があり、腸の状態を整えてくれます。腸が正常な状態であれば毎日快便であり、何の問題もなく排泄を促すことが出来るのですが、逆に不調であると便秘になったり下痢をしたりと良くない反応が起こります。このような状態のまま放置をしておくと腹痛や肌荒れの原因になり、免疫力にも影響を及ぼします。腸の健康が体全体の健康を守ることにもなりますし、女性ならば美容にも影響を及ぼすので改善を促したいところです。

しかし、摂取することで腸内環境が改善されてもそれで終わるばかりではなく、今度は放屁が酷くなったという人も出ています。家の中ならまだ良いですが、これが外出先や学校、会社で起こってしまうと恥ずかしいですし、我慢をするのも辛いです。何故ラクトフェリンを摂取することによっておならが増えてしまったのでしょうか。

おならとはそもそも何か

そもそもこのおならというのは一体何なのかと言うと、これは腸内にあるガスが肛門から排出されている現象であり、ガスが出来る原因は腸の不調ばかりが原因とも言えません。

人間が食事をするとき、食べ物だけを飲み込むのではなく一緒に空気も飲み込んでいます。体内に入った空気はどこかではじけて消えるわけではなく腸へと流れ、最終的に肛門から外に出ていきます。口から摂り入れたものを肛門から排出するという一連の流れを経ているため、排泄と同じ原理でもあります。

しかし、便秘で腸内の状態が良くないと腸内細菌が活性化してガスを排出するため、飲み込んだ空気が原因とばかりは言えません。また、腸内の宿便が発酵して臭うこともありますので、便通が正常に行われていないことによっても臭いを発するガスが出ることもあるのです。腸内環境の悪化も原因の一つであり、全く関係ない場合もあるので正常か異常かの見極めは臭いで判断をした方が良いでしょう。

ラクトフェリンでおならが出る理由は

今まで放屁の回数が少ない、あるいは全く無かったという人は、おならが頻発に出ることを異常と感じるでしょう。しかし、おならが頻発して出る代わりに便通がスムーズになったという意見もあるため、悪い効果ばかりが出ているわけではなさそうです。腸内環境を正常化させるために、腸内環境は一時的にバランスを崩して悪い方へと傾きます。

つまり、今まで悪い状態でバランスを取っていたので、良い状態に軌道修正するには一旦保っていたバランスを全て崩して再構築をしなければならないのです。これを好転反応と言い、おならが頻発して出てしまうのは腸内が良い状態に変わろうとしているための反応です。

実際に、この状態も長く続くわけではなく、症状が出た人も3日から2週間程度で症状が消失したという話もあります。乱れた状態でバランスを取っていた腸内環境を正常化させることで起こる現象なので、副作用ではないかと考える必要はありません。

臭いおならには要注意

臭いおならには要注意

しかし、臭いがしなければ心配する必要はありませんが、酷い臭いがある場合は好転反応ではない可能性があります。ラクトフェリンの成分も発売している会社によって微妙に異なっているため、副作用が出なくても効き目が鈍いということはあります。

例えば、ヨーグルトを食べた人全てに宣伝される効果が見込めないように、自分に合うものを探さなければなりません。また、ラクトフェリンをヨーグルトなどの乳製品で摂取している場合、腸内で過発酵をさせてしまい酷い臭いの原因となることもあります。

ヨーグルトからサプリメントに変更してみたり、別の会社が製造するサプリメントに変更をしたりすることで症状が改善したという人もいますので、臭いや放屁の期間があまりにも長く続く場合は別のものに変えてみるのも一つの手でしょう。腸の中で増やさなければならないのは善玉菌で、悪玉菌を増やしてしまうと意味がないので摂取する方法や合ったものを選ぶようにすると効果的です。

おならが気になるからと摂取を控えないように

おならが気になるからと摂取を控えないように

以上からラクトフェリンを摂取することで出るおならは好転反応であることが言えます。ただ、あまりにも臭いが酷い場合は自分の体に合っていないことも考えられますので飲み方や摂取しているものを変更するなどの対策が必要です。

腸内環境は善玉菌がしっかりと活動をしていることによって正常に整います。悪玉菌が発に働いている状態であると腸内環境は整わず、便秘などの症状が現れてしまいます。悪玉菌が活発に活動しやすくなる環境を作るのは良くありませんので、善玉菌の活動を活発にするためにもきちんと摂取する必要があるのです。

おならが頻発してしまうのは気になりますし、状況によっては恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。しかし、健康のことを考えれば一時的なことですので、気にして摂取を止めてしまうのは非常にもったいない事です。一時的なものだと割り切ってラクトフェリンの摂取を続けるようにしましょう。