脂肪肝は肝硬変や肝臓がんに変わる手前の状態

脂肪肝は肝硬変や肝臓がんに変わる手前の状態

肝臓は沈黙の臓器とも言われ、症状を出す頃には病気がかなり進行した状態になっているなんてことも珍しくありません。このため、常日頃からの健康管理は大事であり、定期的に肝機能を調べておくこともまた重要なことなのです。

肝臓の機能を低下させる状態に脂肪肝があり、これは自覚症状がないので意識しづらいのが難点ですが、肝細胞に脂肪が蓄積して白っぽく変化していることを指し、肝硬変の一歩手前という危険な状態でもあるのです。肝硬変が進行すれば肝臓がんになる可能性もあるため、できれば肝硬変に移行する前に改善させたいところです。

肝硬変になってしまっても、がんに移行する前に命を落とす可能性があるため、最悪の場合は臓器移植をすることにもなってしまいます。そのようなケースに陥ってしまわぬように、日々意識をして体質改善に努めましょう。

生活習慣の悪さが脂肪肝を呼ぶ

生活習慣の悪さが脂肪肝を呼ぶ

何故このような状態になるのかと言うと、多くは日々の生活に原因があります。運動不足であったり、脂肪が蓄積しやすいようなものを暴飲暴食という形で摂っていたりなど、健康を害するような生活をすることによって中性脂肪が肝細胞に蓄積してしまうのです。特にアルコールを好む人は脂肪肝になりやすく、ストレスが多い人も無視できない病気です。

状態を改善させるには投薬治療ではなく生活習慣の見直しが必要であり、多くはダイエットの開始を余儀なくされます。ダイエットと言っても肥満の改善ばかりではなく内臓脂肪を減らすことが課題になりますので、肥満体型の方のみならず標準や痩せ型の方もダイエットが必要となる場合があります。しかし、ラクトフェリンなら内臓脂肪の抑制や解消に努めてくれるので、脂肪肝の改善に効果が見込めるのです。

ラクトフェリンは脂肪肝改善の手助けをしてくれる

ラクトフェリンには内臓脂肪を抑制させる効力と、代謝を活性化させる力があります。内臓脂肪を抑制させるのはリパーゼという脂肪を分解させる酵素の働きを活性化させるためであり、お腹周りに脂肪が付くことを抑制してくれるだけでもダイエットには非常に効果的と言えます。

ダイエットをする上で重要なのは代謝を高めてエネルギーを効率良く燃やすことが一番の課題になります。代謝が低いと体が省エネ状態になっているので、いくら運動をしても思うように脂肪を燃焼させることができません。代謝が高ければ太りにくく痩せやすい身体に変わっていくので、ダイエットの成果が出やすくなります。新しく脂肪が付くことを抑制しながら代謝の向上で脂肪を燃やすので、蓄積されてしまった内臓脂肪をエネルギーとして使っていくことになります。

ラクトフェリンはどのように摂った方が良い?

ラクトフェリンはどのように摂った方が良い?

ラクトフェリンが脂肪肝改善の手助けをしてくれることは分かりましたが、どのように摂取するのが最も効果的なのでしょうか。

おすすめは腸溶性もしくは耐酸性のサプリメントを使うことです。

ラクトフェリンの一日分の必要量を食品から摂ろうとすると、牛乳の場合1リットル以上は飲まなければならないなど、現実的には難しいからです。また、ラクトフェリンをそのまま摂取してもほとんどが胃液で分解されてしまうので腸まで届かず、そうすると内臓脂肪抑制の力が十分に発揮できません。

内臓脂肪を抑制するためにはラクトフェリンがきちんと腸で溶けて分解されることが望ましく、それを実現するには食品ではなく、腸溶性に特殊コーティングされたサプリメントでなければなりません。ですので、ラクトフェリンのサプリメントを購入するときは腸溶性もしくは耐酸性どうかをきちんと確認してみましょう。

サプリメントを飲むタイミングは基本的にいつでも構いませんが、睡眠中が最も脂肪燃焼が盛んであることを考えると、寝る前がベストタイミングだと言えます。しかし、一番大切なことは時間帯よりも毎日継続して飲むことです。即行性がないからと飲むことをやめてしまうと、求めるような効果を得ることができません。まずは継続して飲むことを心掛けましょう。

生活習慣を正すことを忘れないで

このようにラクトフェリンは脂肪肝の改善に有効であり、改善を早めるための良きパートナーとなってくれることが分かります。

そもそも脂肪肝は生活習慣の乱れが原因となるわけですから、ダイエットが成功して肝臓の状態が正常に戻ったからといって気を抜いて不摂生な日々に逆戻りしてしまわないように気をつけましょう。言い換えればダイエットをしている最中でも、生活習慣の乱れを継続しているようでは内臓脂肪を減らす効果は薄いと考えられます。

アルコールの量や食事内容を以前より改善し、ストレスを溜め過ぎてしまわぬように気をつけましょう。ラクトフェリンのサポートをうけながら、なるべく日常に運動を取り入れることも意識していきましょう。