ラクトフェリンで腸内環境を整え体臭や口臭を予防

ラクトフェリンで腸内環境を整え体臭や口臭を予防

ラクトフェリンは本来哺乳類の母乳に含まれ、腸内環境を整えて赤ちゃんの免疫を上げる大切な成分です。

腸内には悪玉菌と善玉菌が住んでいますが、悪玉菌が優勢であると有害物質を作り出すなどの悪影響が出ます。有害物質は水に溶けやすく、血液を通じて全身に回ります。独特の嫌な臭いがするため、毛穴から臭いが出て体臭となったり、血液の流れが悪くなったりするので注意をしましょう。

悪玉菌の働きを弱くするためには、善玉菌を増やす必要があります。悪玉菌は腸内にガスを発生させて腸内環境が悪化し、下痢を引き起こすこともあるので注意しましょう。ラクトフェリンは殺菌力が強く、悪玉菌のみを殺してくれます。善玉菌を増やしながら、悪玉菌を減らすことが出来るので、非常に効果的に腸内環境を改善することができます。

便秘になっているときは体内に老廃物が溜まった状態で、腸の壁を傷つけて大腸がんを発症しやすくなります。加えて肌のターンオーバーを抑制するため、湿疹などの肌のトラブルも出やすくなります。

女性だけではなく、最近では男性も便秘に悩む方が増えています。体臭や口臭がきついと感じたときなど、腸内環境が崩れている可能性があるので気をつけましょう。

ラクトフェリンは中年太りの方にオススメ

ラクトフェリンは中年太りの方にオススメ

若い頃は脂肪がついていなかったのに、年齢を重ねるとともにぜい肉が増えてきた、と感じる方は多いでしょう。

食事で炭水化物や脂肪が体内に入ってきても、エネルギーとして消費することで体外に排出することができます。しかし、エネルギーとして使いきれない分は、体脂肪となり蓄積されてしまいます。年齢を重ねると基礎代謝も低下してしまうので、エネルギーとして消費できる量も減ります。

脂肪前駆脂肪という脂肪の子供が、成熟脂肪細胞という脂肪の大人になることが太ってしまう仕組みですが、ラクトフェリンは脂肪の成長を妨げるため、新たに脂肪がつきにくくなるのです。ただし、抑えられる量には限りがありますので、適度な運動とバランスの良い食生活を心がけるようにしましょう。

内臓脂肪がたまると危険

肥満体型になると、皮下脂肪だけでなく内臓脂肪が余分についていることが考えられます。ラクトフェリンを摂取することで、内臓脂肪を溜めないように働きかけてくれて、内臓脂肪の合成を抑えることが出来ます。

脂肪を覆っているペリリピンと呼ばれている成分の生成を低下させてくれ、脂肪を分解するリパーゼの働きを促進させてくれます。脂肪が分解されて燃焼を助けてくれるため、結果的に脂肪を減らせるのです。主に腸付近の脂肪に働きかけてくれるため、お腹周りの脂肪を減らすときに役立ちます。腸付近だけではなく体内の脂肪とも結びつくので、全身の脂肪燃焼にも働きかけてくれます。

年齢とともに段々と脂肪が増えがちですが、そのままにしておくと病気の原因ともなるので注意しましょう。肥満になると生活習慣病にもなりやすいので、早めの対策をおすすめします。

体重に対し、脂肪の割合が30%を超えると、生活習慣病になる可能性があがります。内蔵に脂肪がたまることで、高血圧や糖尿病や動脈硬化を引き起こす原因にもなるので気をつけましょう。

ラクトフェリンサプリメントを活用しよう

ラクトフェリンサプリメントを活用しよう

ラクトフェリンはヨーグルトや牛乳やチーズなどの乳製品に含まれていますが、その量は少なく、また酸や熱に弱いため胃酸で溶けてしまい、十分な量を摂取するのは難しいものです。では効率的に摂取方法は何かと言うと、サプリメントです。

ラクトフェリン配合のサプリメントは実店舗でも購入できますが、色々な種類を検索できてレビューを見ることもできるのでインターネットでの購入がおすすめです。また、ラクトフェリンは胃酸に弱いので、腸で溶けるように特殊コーティングされた商品や酸に強く腸まで運ぶためのコーティングをしている耐酸性サプリメントを選ぶことをおすすめします

1日100mgは摂取をしたい成分なので、サプリメントを選ぶ際には含有量に注目しましょう。中には300mgと多く含まれている便利な商品もあります。ラクトフェリンを乳製品からも摂取する場合は、過剰摂取にならないように気をつけましょう。

ラクトフェリンは男性にとっても必要な成分

ラクトフェリンは母乳から得られる成分で、免疫の低い生まれたばかりの赤ちゃんを様々な病気からまもってくれます。

ラクトフェリン配合のスキンケア用品も販売されていることから、ラクトフェリンは女性向けだと考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ラクトフェリンは女性のみではなく男性にとっても必要な成分です。

生活習慣病の予防など、病気になりにくい体作りをするために免疫力を高める働きをもつラクトフェリンは欠かせません。さらにラクトフェリンには内臓脂肪をつきにくくし、分解して燃焼させやすくする働きもあるので、メタボで悩んでいる男性におすすめです。

乳製品からの摂取が難しければ、過剰摂取にならないように気を付けつつ、サプリメントも活用して毎日取り入れましょう。サプリメントから摂る場合は配合量を確認し、一日100mg以上配合されているものを選ぶようにしましょう。