森永のラクトフェリンの効果って?
体を守るはたらき、健康を維持する効果があります

森永ラクトフェリンについて

森永ラクトフェリンについて

1960年代、森永乳業は母乳で育った赤ちゃんが病気になりにくいという事実に着目しました。母乳の中に含まれる成分に赤ちゃんの健康維持に役立つ成分があるということで、その要因となる成分がラクトフェリンであることにたどり着きました。

ラクトフェリンを配合した粉ミルクを販売したのも森永乳業です。森永乳業は1986年に世界初のラクトフェリン配合の育児用ミルクを販売します。その後もラクトフェリンの研究は続いており、ラクトフェリンの論文の発表数は世界で一番多いメーカーとなっています。

森永ラクトフェリンの効果

ラクトフェリンの効果には大きく2つに分けることができます。

体を守るはたらき

ラクトフェリンには、体を守るはたらきがあります。ラクトフェリンの抗菌・抗ウイルス作用は、ノロウイルス、インフルエンザウイルスの発症予防、ピロリ菌の抑制歯周病や口臭の改善などの感染症から体を守るはたらきがあります。

ラクトフェリンには、NK(ナチュラルキラー)細胞のはたらきを高める効果があります。NK細胞とはがん細胞やウイルスに感染した細胞を発見し、破壊する重要な役割を持っています。

健康を維持する効果

健康を維持する効果

ラクトフェリンには、腸内環境を改善するはたらきがあります。腸内の悪玉菌から鉄を奪い取り、生育を抑制します。鉄を奪われると生育できないので悪玉菌は死滅します。また、善玉菌で知られているビフィズス菌を増やすはたらきもあるので、2つの方向から腸内環境を改善します。

腸内環境を改善すると便秘が改善するというだけでなく、免疫力が高まったり、ダイエット効果につながったり、肌荒れが改善したり・・・と二次的な効果がたくさん出て来ます。

また、ラクトフェリンには鉄を吸収する効果があるので、貧血の改善ができます。

これらの効果はラクトフェリンの効果であり、ほかのメーカーのラクトフェリンでも同じような効果があると言えます。森永のラクトフェリンだけの独自の効果についてはラクトフェリシンの項で説明します。

森永独自のラクトフェリシン

森永のラクトフェリンは一部が胃で溶けて、ラクトフェリシンという物質になります。ラクトフェリンよりも抗菌作用が高いラクトフェリシンは、病原性大腸菌O157やピロリ菌と闘います。残りのラクトフェリンは腸で溶けて、腸から吸収します。

森永ラクトフェリンの問題点

森永ラクトフェリンの問題点

長年の研究の結果もあり、素晴らしい森永ラクトフェリンですが、これだけの効果があることからサプリメントの価格が高いという声が多くあります。


  • 通常価格10,580円(税別)+送料500円
  • 定期購入初回5,537円(税別)、2回目以降8796円(税別)です。

ラクトフェリンの効果を維持するためには、長期的な服用をすることになるので、1ヶ月のコストは約10,000円近くになります。家族で・・・となると多くの人がコストの高さが気になるのも無理はありません。

森永のラクトフェリンの効果って?まとめ

森永はラクトフェリンを研究するメーカーとしてはいちばん長く、多くの論文も発表しています。ラクトフェリシンの成分についてはさらに高い抗菌作用があるということも発見しています。

そのほかの効果については他社のラクトフェリンの効果とはそう変わりはないように思われます。素晴らしいサプリメントであることは間違いないのですが、問題点は価格。やはり、他社と比べると2倍以上する価格はこれまでの研究費などを考えると仕方ないのかもしれませんが、長期的に続けるとなると考えてしまう人が多いようです。