ラクトフェリンは人間には効果があると言われているが

ラクトフェリンは人間には効果があると言われているが

ラクトフェリンは免疫力の向上や腸内環境の正常化、肝臓機能の向上、発がん抑制作用など、健康面で様々な効果をもたらしてくれます。

その他にも抗炎症作用や抗酸化作用があるので、アンチエイジングの効果があるのも嬉しいですね。
母乳にも含まれる成分なので副作用の心配がいらず、安心して摂取出来ると言えます。

更に嬉しいのは人間のみではなく、ペットに対しても有効であることです。
ラクトフェリンは犬や猫の母乳にも含まれている成分なので、人間同様に赤ちゃんの頃から当たり前のように摂取しているものだったのです。

また、犬や猫だけでなく哺乳類であればラクトフェリンは母乳に含まれているものなので、家で飼っている動物が哺乳類であれば馴染み深い栄養素だと言えます。
そうと分かればすぐにでもペットに与えたいところですが、ペットに対しては一体どのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。

ペットにどのような影響を与えるのか

ペットにどのような影響を与えるのか

人間は自分の意思で健康を維持するために様々な対策を取ることが出来ます。
しかし、ペットは自分の意思での健康管理が出来ません。
特に口腔衛生については自力での歯磨きが出来ないので、飼い主が代わりに歯磨きをしてあげなければなりません。

赤ちゃんの頃からきちんと口腔衛生を整える習慣を身に付けさせていないと歯磨きをするのは難しいですし、口の中が不衛生であることが原因で大病に発展する可能性がありますので、注意が必要です。

そんな時に活用したいのがラクトフェリンです。
歯周病などの口腔内の病気を抑制する力があり、口の中を健康な状態で維持することが出来るのです。

他にも、免疫力を向上させる効果がありますので、それによって予防接種では防ぎ切れない病気を回避することが出来るようになります。

哺乳類以外のペットには影響がある?

哺乳類以外のペットには影響がある?

人間をはじめ、哺乳類の母乳には当たり前に含まれているラクトフェリン。
裏を返せば、哺乳類以外のペット、例えば魚や鳥、爬虫類などには馴染みのない成分ということになります。

「馴染みがないものであれば与えても意味がないのではないか」と思うかもしれませんが、実はラクトフェリンは哺乳類だけに良い影響がある成分ではありません。
病気そのものに対して効果があるものですので、哺乳類以外の免疫力の向上や、病中病後の滋養強壮として使うことが出来るのです。

例えば魚に摂取させると病原菌から守ってくれる役目を果たしてくれますし、鳥に与えると病気で弱ってしまった体の回復を早めて免疫力の向上に貢献してくれます。
更に、虫にも効果があります。

人間のように健康以外にも様々な効果が期待出来るというわけではありませんが、それでも健康を維持することが出来るというのは大きなメリットです。
積極的な摂取を促してあげてください。

人間用のサプリメントを使っても良い?

ラクトフェリンが動物に有効であることは分かりましたが、一体どうやって摂取させれば良いのでしょうか。
手軽だからと、人間用に作られたサプリメントを与えるのは危険です。

動物と人間では効き目を出す目的が根本的に違うので、動物用と人間用では同じラクトフェリンであっても、厳密には別物であると考えた方が良いです。
人間用のサプリメントを与えてしまうと、より健康を損なう恐れもありますので動物用のものを購入しましょう。

ラクトフェリンは餌から摂ることが最も効率的ですので、成分が配合された餌を与えることでスムーズに摂取させることができます。
餌が変わると食べないペットの場合は、粉末状になった動物用ラクトフェリンを日頃食べている餌にふりかけて与えてみましょう。

幼いペットに対してはミルクにラクトフェリンが添加されている赤ちゃんペット用商品があるので、それを使うことをおすすめします。
もしお腹を壊してしまう場合は、量が多すぎたり成分が合わなかったりすることが考えられます。
ラクトフェリン自体は安全な成分ですが、このような場合は与える量を減らして様子を見てあげましょう。

健康管理は飼い主の役目

以上からラクトフェリンは人間のみならず、どのような種類のペットであっても健康面に大きな影響を与えてくれることが分かりました

動物は人間のように自己管理が出来ません。
飼っている動物の健康管理をするのは、飼い主である人間の役目になります。
ペットは家族と同じ大切な存在ですので健康管理を怠った結果、病気で苦しませてしまうのはとてもつらいことです。
予防接種をしているから安心だ、とは考えず、予防接種でカバー出来ない部分の健康管理をしてあげるつもりで、ラクトフェリンを摂取させてあげましょう。