ラクトフェリンとは・・・

ラクトフェリンが世界中で注目されているのは、ラクトフェリンがこれまで母乳に含まれている成分であり、免疫力をアップする効果をはじめ、あらゆる効果があるということが分かっていながらも、食品での摂取は難しいからでした。手に届くところに効果的な成分がありながら、大人は摂取できない・・・この効果を大人も得ることができたのであれば、多くの人が今よりも確実に健康になれるということが分かったからです。驚異的な効果がありながら、副作用がない。ラクトフェリンの研究は現在でも続いていますが、ピロリ菌除去や病気の予防、鎮痛作用、精神の安定などがあり、医学的に注目される効果が揃っているので、近い将来には効果的な何かとして病気の治療に役立つ日が来るかもしれません。

ラクトフェリンの働き

ラクトフェリンは1939年にデンマークのゼーレンセン博士によって発見されました。名前の由来は、ラクト=乳、フェリン=鉄でこれをつなげてラクトフェリンと名付けられました。
それは、鉄を囲い込む性質があるということが理由となっています。
免疫力アップ、腸内環境改善、貧血改善、ドライア改善、アレルギー改善、ダイエット、美肌などの幅広い効果があります。健康面だけでなく、美容面でも高い効果が発揮されることから、化粧品にも含まれるものが増えて来ており、女性誌でも紹介されることもあります。
身体の内側からも外側からもケアできるというのがラクトフェリンの良さですし、多めの摂取をしても副作用がないということも大きなメリットでしょう。

ラクトフェリンの性質

ラクトフェリンにはいくつかの性質があります。効果の高い成分ではありますが、胃酸や消化酵素に弱いということが言われており、サプリメントを選ぶときは腸で溶けるものが望ましいとされています。
食べ物の消化が終わった頃に摂取した方がいいというのも胃酸や消化酵素に弱いということが理由です。
また、食品での摂取が難しいことの理由に、加熱処理してある乳製品のラクトフェリンは破壊されてしまうのが理由です。
効果から見れば、鉄と結合する性質があるので、貧血を改善できるということもありますが、ウイルスの増殖に必要な鉄分をウイルスより先に囲い込むことができるのがラクトフェリンなので、感染症リスクを減らすこともできます。ラクトフェリンならではの特徴的な性質がこのようにいくつかあります。