共通点

ラクトフェリンと乳酸菌、似ているような違うような・・・?そう思われている人も多いでしょう。共通点はどのようなものがあるのでしょうか。
どちらも腸まで届いてはたらいてくれるという点が共通しています。腸内環境を良くする効果があり、悪玉菌を減らし善玉菌を増やす効果があるので、便秘や下痢を解消する効果があります。
その他の効果で共通しているのは、免疫力をアップする効果や抗酸化作用があるということです。
どちらも、アレルギーの予防効果や花粉症の予防ができると言われています。
そしてラクトフェリンと乳酸菌は相性が良いと言われているので、一緒に摂取してもけんかすることなく、相乗効果があってより一層の効果を発揮します。

違う点

ラクトフェリンと乳酸菌の違いについて紹介しましょう。
ラクトフェリンは母乳、涙、唾液などの体液中に含まれています。乳酸菌は腸内に生息します。
ラクトフェリンは哺乳類の乳由来のたんぱく質の一種ですが、乳酸菌は乳酸を生成する菌全般を指します。ヨーグルトや漬物の食品の発酵に関わります。
それぞれの効果についての違いですが、ラクトフェリンにはあって乳酸菌にはない効果がいくつかあります。
ラクトフェリンには、内臓脂肪を分解したり付きにくくする効果がありますし、ピロリ菌の排出効果があります。また、肝炎やHIVウイルス、がんの予防効果があります。
抗菌効果もあり、インフルエンザウイルスやノロウイルスに効果的です。

乳酸菌にはこのような効果はありません。