ラクトフェリンが健康にも美容におすすめの理由

ラクトフェリンが健康にも美容におすすめの理由

ラクトフェリンとは、主に母乳に多く含まれている栄養素でタンパク質の一つです。糖を含んだタンパク質でもあり、私たちの体の中でたくさんの働きをすることから多機能タンパク質とも呼ばれています。ラクトフェリンがどうして健康にも美容にも良いのかという理由は、まさにこの多機能性にあります。

まず、優れた抗菌作用です。生まれたばかりの乳児は十分な免疫力を持っていませんが、母乳を飲むことによって風邪をはじめとした様々な感染症から守られているのです。

また、免疫細胞を活性化させる働きがあり、病気になりにくい体にしてくれます。腸内でも、善玉菌であるビフィズス菌のエサになり、おなかの環境の改善に一役買ってくれています。

さらに鉄分と結合しやすい性質を持っていて、単体で摂取するよりも体内へ鉄の吸収率が高いことから貧血対策としても有効です。

このように私たちの健康と美容に大いに寄与してくれる成分であることが分かります。

ラクトフェリンサプリは目的で選ぶ

ラクトフェリンサプリは目的で選ぶ

すぐれた働きをするラクトフェリンですが、一般的な食品から摂取するのは少々難しいようです。なぜなら、ラクトフェリンは非常に熱に弱い性質なので、乳製品の多くが高温殺菌されて商品になっている現状では、ほとんどその効果は期待できないからです。高温殺菌されていない一部のチーズや低温殺菌牛乳には、少量だけ含有されていますが、一日の必要量を摂るには大量に食べなければならず、日常的に継続することは難しいでしょう。

毎日、一定量を摂取するためには手軽で飲みやすいサプリメントがおすすめです。ヨーグルトなどにラクトフェリンを加えた機能性食品もありますが、有効成分だけを摂りたいのならカロリーや糖分を気にせずに続けられるサプリメントに軍配が上がるでしょう。

ラクトフェリンサプリメントも有効成分が入っていればどれでも良いというわけではなく、目的によって選び分けすることが大事です。ウイルス感染予防など健康面を重視したいのか、また美容効果を期待するのかによっても違いが出てくるでしょう。

ラクトフェリンサプリを健康目的で選ぶ

ラクトフェリンの多機能な働きは前述した通りですが、最近の研究によって、抗ウイルス作用からノロウイルス胃腸炎の発症予防や胃ピロリ菌の抑制、さらに歯周病や口臭の改善などにも効果があることが分かりました。

このような健康目的でサプリメントを選ぶなら、それなりの含有量を持ったサプリメントでなければ意味がありません。目安として、150mg~300mg程度の摂取が適当だと言われています。

また、メインの栄養成分以外にもコラーゲンなどの美容成分などをたくさんの栄養素を含有したサプリメントもありますが、病気の予防や健康促進などの目的でサプリメントを選ぶのなら、他の栄養成分があまり入っていないシンプルな製品の方が効果を実感しやすいでしょう。

ラクトフェリンを美容効果目的で選ぶ

腸内環境を改善する働きを持つラクトフェリンは、美容の面でも大いに貢献してくれます。女性はもともと腹筋が弱いこともあり、多忙でストレスが溜まるなど生活リズムの乱れから便秘に悩まされる人も多いようです。便秘や下痢などのお腹の不調は、吹き出物やくすみとなって肌に現れます。美肌を手に入れたいのなら化粧でごまかすのではなく、まず腸の環境を整えることが先決です。

ラクトフェリンは腸内のビフィズス菌を増殖させて、悪玉菌を排除してくれます。それによりお通じがスムーズに行われるようになり、便の悪臭も消えていきます。デトックスされることで肌にもうるおいが戻り、透明感が出てくるのです。

また、腸内環境が改善されると栄養が吸収されやすくなるので、効率的なダイエットにつながります。

美容目的でサプリメントを選ぶなら、ヒアルロン酸やコラーゲンなど美肌成分も含有されたものを選択すると、より美容効果を感じられるようになるでしょう。

健康がベースの美しさを目指しましょう

健康がベースの美しさを目指しましょう

どんなに念入りに化粧をして着飾っていても、腸内の調子が悪くては肌も表情も冴えません。逆に腸内フローラが整っている人は、自然体でも生き生きとして見えます。腸と脳は密接な関係にあるといわれますが、まさに腸内環境を改善することが前向きで明るい人生につながるといっても過言ではないでしょう。

サプリメントを上手に生活に取り入れて、まずは腸美人を目指してみてはいかがでしょうか。毎日きちんと摂取して継続していけば健康面や美容面に対して、今まで感じていた悩みの種を解決できるでしょう。そのためにも自分に合ったサプリメントを選ぶことが大切です。

メインのラクトフェリンだけで構成されているのか、含有量はどのくらいか、または他の栄養成分も配合されているのかなど、商品説明をしっかりチェックしましょう。