口腔内の衛生管理は健康管理をしていることと同じ

口腔内の衛生管理は健康管理をしていることと同じ

健康診断や人間ドックで体の異常を探すことに尽力しても、口の中の健康はおろそかにしている、という人は多いのではないでしょうか。風邪は万病の元ですが、口腔内の異常も万病の元になると言われています。口の中を常に健康な状態を保つことこそ、健康を維持する秘訣です。

例えば、歯周病になってしまった場合、初期の段階で手を打てばさほど大掛かりな治療をしなくても良いのですが、これが重度になり手の施しようのない状態になってしまうと、歯そのものが抜け落ちてしまいます。歯周病が悪化し、1本の歯が自然に抜ける段階まで来ると、他の歯まで抜ける可能性が非常に高いため大変危険です。これを放置すると、咀嚼が困難になるなどの弊害が生じます。

歯が抜けるのは何も高齢者ばかりではなく、若年でも口の健康を無視していれば可能性を否定することはできません。

歯周病の弊害とは

前述したように歯周病は手の施しようのない状態まで進むと、硬いものが咀嚼出来なくなるため硬い食べ物を避けるようになります。そうすると柔らかいものばかりを食べるようになるため栄養の偏りが起こり、その結果生活習慣病のリスクを跳ね上げてしまいます。

また、歯周病菌は狭心症や心筋梗塞・脳梗塞といった血栓を作る原因になっていることも指摘されており、大変厄介な存在であることが分かります。

他にも、咀嚼をすることによって脳に与えられていた適度な刺激が消えるわけですから、段々と認知機能が衰えて認知症になっていく可能性も示唆されていますし、うまく喋れないことによるコミュニケーションの障害もあります。もちろん見た目の問題もありますので、精神衛生上にも良いとは言えません。これらの状態は毎食後丁寧に歯を磨くことで防げますが、加えてラクトフェリンを摂取するようにすれば、より高い予防効果を得られるでしょう。

ラクトフェリンは歯周病の予防や改善をしてくれる

ラクトフェリンは血液や汗・涙・そして唾液など、私たちの体液にもともと含まれている成分です。

様々な効果が期待出来るラクトフェリンですが、免疫力を向上させる力を持っているため、原因菌が口の中で繁殖しようとしてもそれを察知して防いでくれるという働きをします。また、同時に、原因菌が繁殖する前に除去しようとする殺菌力が働くため、病気の原因を根本から消し去ってくれることも期待できます。

元々唾液にも含まれている成分なので、唾液が口の中を潤すことで殺菌力はさらに強まり、原因菌の除去をスムーズに行います。食後1時間以内に口の中を綺麗に磨いておくことがベストと言われるのは、食事の直後は唾液の分泌が活発に行われていて、同時にラクトフェリンの濃度も高いためです。濃度が高い状態であれば当然効き目も高くなります。

しかし、ラクトフェリンは加齢とともに減少するため、特に何もしなければ殺菌力は次第に減少していき、原因菌を繁殖させる一方になってしまいます。

ラクトフェリンはいつ飲んだ方が良い?

ラクトフェリンはいつ飲んだ方が良い?

減少したラクトフェリンを補うには食品やサプリメントを活用するのが好ましく、特に乳製品に多く含まれているので、ヨーグルトなどがおすすめです。しかし、乳製品からの摂取だと下痢をしてしまうということもありますし、冷蔵が必要なものが多いため常に摂取出来る環境にあるとは言えません。

ラクトフェリンをいつでもどこでも手軽に摂取するには、サプリメントの利用が最も効率的で、必要な量を確実に摂取することが出来ます。飲むタイミングはいつでも構いませんが、食後すぐはなるべく避けた方が良いでしょう。食後は食べたものがお腹の中に入ったままですので、胃酸が多く分泌され、ラクトフェリンまで不要な栄養として認識されて体外に排出されてしまうからです。

ラクトフェリンは胃酸に弱いので、出来る限りスムーズに腸へと届ける必要があります
食後1時間を過ぎた辺りでの摂取をおすすめします。

歯磨きも忘れずに行おう

歯磨きも忘れずに行おう

ラクトフェリンは歯周病予防や改善に効果的であり、サプリメントなどで不足分を補ってあげることにより、さらに高い殺菌力や免疫力を手に入れることが出来ます。しかし、サプリメントばかりに頼らず、歯磨きを丁寧に行い、口の中を綺麗な状態を保つことも大切です。歯磨きを怠ってしまうと歯石が溜まります。

歯石は歯周病の発症や悪化の原因になり、重度になれば治療が辛くなります。他にも、口腔内の病気はいろいろとあるので、口の中を綺麗にする習慣を心がけましょう。

日頃から口腔ケアをきちんと行った上でラクトフェリンと相乗効果を持たせると、より健康的な歯を手に入れることが出来ます。